著作権・プログラム登録

著作権とは、一つの権利を指す言葉ではなく、著作物を作り出した人などに認められる権利を総まとめしした言葉です。(権利の束、ともいいます。)
インターネットの普及やコピー機・スキャナーなどの影響で常に著作権は危険にさらされています。 当事務所では、著作権の保護、著作権に関する取引についてサポートさせていただいております。

著作物に関する権利

複製権 無断で複製されない権利。
ただし、私的利用する場合、学校が教材目的で複製する場合など例外的に認められる場合もあります。
上映権 無断で著作物を公に上映されない権利。
無断で著作物を講演会や会議などでプロジェクタでスクリーンに投影する行為などは著作権侵害になります。
公衆送信権 無断で著作物を公衆送信されない権利。
サーバーにアップロードするだけでも著作権を侵害する可能性があります。(閲覧する人が誰もいなかったとしても)
氏名表示権 著作物に著作者の氏名を公表するかどうか、また、表示する場合、実名か変名かを決定できる権利
同一性保持権 著作物に著作者の意思に反するような改変をされない権利。

著作物とは

言語の著作物 小説、脚本、論文、詩歌、俳句、公演など
音楽の著作物 楽曲、楽曲を伴う歌詞
舞踊、無言劇の著作物 バレエ、ダンス、日本舞踊、パントマイムの振り付けなど
美術の著作物 絵画、版画、彫刻、マンガ、書、美術工芸品など
建物の著作物 建造物自体
地図、図形の著作物 地図、学術的な図面、建物設計図、図表、模型など
映画の著作物 劇場用映画、テレビ映画など
写真の著作物 写真、グラビアなど
プログラムの著作物 コンピュータプログラム

著作権の登録の必要性

著作権は作品を作った時点で自然に発生します。そのため特に申請などは必要ありません。
ただし、ペンネームで著作物を公表した場合や著作権を譲渡する場合などは文化庁へ著作権の登録をして自分の権利を守る必要があります。

著作権の保護期間

著作権が保護される期間は、原則的に著作者の死後50年です。
無名・変名(ペンネーム)の著作物は、公表後50年、映画の著作物は公表後70年となっています。
ちなみに共同著作物の場合は、最後に死亡した人を基準に計算します。
ただし、保護期間中でもその著作権者の相続人がいないときは著作権は消滅します。
なお、著作権の期間を計算する際、起算日は死亡、公表、創作の翌年の1月1日となっています。